働き者よりも怠け者な社員が優れている!?

怠け者ほど最短手段を発見してくれる

ビル・ゲイツの法則

ビル・ゲイツはなぜ難しい課題を怠け者にやらせたのか

[ad#ad-1]

世界トップクラスの大富豪であるビル・ゲイツは、その中のとおり「ビル・ゲイツの法則」を生み出した。端的に説明すれば「怠け者ほど有能」ということである。ビル・ゲイツは難しい仕事を、いつでも最も怠けている社員に行わせたそうだ。

「勤勉は成功の母」ということわざもある。それに日本人的感覚からすれば、ビル・ゲイツの方針は全く理解できないかもしれない。

だが、ビル・ゲイツが仕事を委ねていた「怠け者」は単なる「無能」ではない。全員に「仕事の効率が良い」という共通点が存在していた。何かをするときには、一番シンプルで秀でた法則を見つけ出し、ツールやコンピューターを最大限に活用していたのだ。

[ad#ad-1]

目標のためにツールを使いこなし、ケースバイケースで方針転換をし、最高効率で仕事をこなす。さらに、自分でなくても行える仕事は迷わず他人に任せる。これによって、自分は「最大限怠けること」ができる。ビル・ゲイツは「怠け者は無能ではなく、大きな仕事を成し得る」という事を知っていたのだ。有名な発明家にも、休暇中に大発見を成したという人間が多くいるそうだ。怠惰や暇は活かした方次第で化けるのだ。