「始めが大事」は正しくない!?

印象は最後とピークで決定付けられる

ピーク・エンドの法則

最後が悪いと印象は悪い

[ad#ad-1]

デートの最後がつまらなければ、良い印象は残りにくい。反対に、最後まで楽しい演出ができればそのデートは「良いデート」として思い出に残り、貴方の好感度はアップする。これが「ピーク・エンドの法則」であり、米国の心理学者・経済学者であるダニエル・カーネマンが発見した。

彼は次のようなテストを行った。「1組目には嫌な大きな音を聞かせる。2組目には、それだけでなく普通の音も聞かせる」。

[ad#ad-1]

すると、1組目の方が「嫌だった」と回答した人の割合が多くなったという。すなわち、人は自分がその絶頂(ピーク)の際に感じたイメージがどうだったか、最後はどうだったか、だけで物事の印象を決めるという事である。全部の経験を一律に判断材料としているわけではないという事である。もちろん印象を忘れるわけではないが、判断材料にはならない。

「絶頂時」だけを重視する傾向にあるのが人間という生き物だが「エンド」にも注意を払う必要がある。そうすれば、仕事も恋愛もより良いものになっていくはずだ。