現金・現金・現金の世の中

現金は事実であり最大の強み

キャッシュ・イズ・キングの法則

約束・証書・手形は現金には勝てない!

[ad#ad-1]

「キャッシュ・イズ・キング」とは、会計学上の絶対的な法則である。P・G・ユーレンハマーというボルボ社(自動車開発企業、スウェーデン)の元社長が、1987年に起きた世界的な株価の大暴落の折に放った言葉である、という説が有力だ。

そして、米国のビジネス業界には「現金は事実だが、収益は概念でしかない」というキャッシュ・イズ・キングと似たような意味を有する格言もある。「地獄の沙汰も金次第」という日本のことわざもあるし(この金は、間違いなく現金の事である)、「貴女を絶対的に信用するが、支払いは現金で頼む」というユダヤ人のことわざも存在する。

[ad#ad-1]

会社の経営状況を知りたい場合も、財務諸表からキャッシュフロー(現金の動き)を確認すれば間違いがないし素早い。運転資金や売上商は絶対に現金化するとは言い切れず、これらから判断する事は不可能なのである。

ちなみに、欧米では現金で払った場合はカード払いなどでは受けられない値引きをしてもらえるケースが良くある。まさに「現金は王様」である。