20%の人間が収益の80%を生む

この世には「偏り」が付き物である

パレートの法則

限られた人間が富を独占している

[ad#ad-1]

ヴィルフレド・パレートというイタリアの経済学者は「パレートの法則」というものを見出した。簡単に言えば「20%の人間が、世の中の80%の富を独占している」というものである。これは「ニハチの法則」「8:2の法則」とも言われる。そして、このパレートの法則はビジネス業界を中心に、世の色々なものに応用できるとされている。一例としては、次のようなものだ。(当然これは目安であり、実際の数字は前後する)

・2割の社員が8割の収益を出している

・2割の製品が8割の売上を出している

・2割の仕事が8割の成果を生んでいる

つまり「世の中にはバランスが悪い事ばかりであるから、それを前提として考えや動きを変化させていかなければならない」という事である。

[ad#ad-1]

一例として、あるショップについて考えてみる。全製品を一級品にできれば良いのかもしれないが、資金的にも時間的にもそんなことは実現できない。それよりも、「2割の製品が8割の売上を出している」に違いないのだから、その2割をグレードアップさせたり宣伝したりした方が良い。限られた時間と労力を十分に活かせば、きちんと成果は出るのだ。

日常生活にもこの法則は当てはまる。2割の事が8割のハッピーを作り出しているのであれば、その2割の事に時間と労力を使えばより良い人生になるのだ。