「そろそろ完成」はほぼ間違い

仕事には想像を超えた時間を要するものである

ホフスタッターの原則

仕事には予想を上回る時間が必要である

[ad#ad-1]

ダグラス・ホフスタッターという論理学者は、「仕事には想像を上回る時間を要する。ホフスタッターの原則を理解していても」という旨の発言を、自身のピューリッツァー賞を獲得した著書に残している。

この文章自体が矛盾を孕んでいるようにも思えるが、つまりは「ホフスタッターの原則を知っている分、余裕を持って仕事に要する時間を予想したとしても、実際にはそれをも上回る時間を要する」という事である。

「今日中には完了する」と考えていた仕事がその日の内に片付かなかったり、段々疲れて作業速度が遅くなり翌日に回してしまったり……など良くある状況であると言えるだろう。

[ad#ad-1]

後回しにした場合は「エメットの法則」が当てはまるので、事態はさらに大変になる。後回しにした仕事には、通常の200%以上の時間と労力が必要になるのだ。「完璧な状態で臨もうとする事」などが、即座に着手できない事の要因である。自分の先行きを甘く見てしまうせいで、未来の自分の時間と労力を圧迫する。人間とは厄介なものである。