これで優秀な営業員になれる!?

知っておくべき4個の必須法則

熟知性の法則、ユニフォーム効果など

外見を重視して「優秀」化させる2個の法則

[ad#ad-1]

第一印象は当然重要である。物腰が柔らかかろうが、礼儀正しかろうが、見た目が悪ければ第一印象は悪くなる事が多い。

アルバート・メラビアンという米国の心理学者のテストでは、初対面の3~5秒間で第一印象が決まり、視覚情報(動作、表情、見た目など)が55パーセント、聴覚情報(話し方、話すスピード、声質など)が38パーセント、言語情報(話の中身など)が7パーセント、というデータが得られた。

俗に言う「メラビアンの法則」である。半分以上見た目に左右されるのだから、ネクタイの歪み、衣服のシワ、ヘアスタイルなどには十分注意すべきである。

また、心理学用語の「ユニフォーム効果」というものも重要である。これは、警備員の制服を身に付けると正義感が高まったり、ナース服を身に付けると精神的に慈愛に満ちたりするような現象の事である。

[ad#ad-1]

実際、金融商品や自動車など高額商品のセールスマンは得てして一級品の時計やスーツを装着・着用しているものである。商品をどんどん売るスーパー営業員の役割をこなす事が叶うはずだ。