「購入」の前に消費者は何を考えるのか?

開発から宣伝まで広い視野で応用せよ

AIDMAの法則

消費者はいきなり購入するわけではない!

[ad#ad-1]

米国のローランド・ホールは、消費者の行動過程のモデルケースを「AIDMAの法則」として提示した。人はいきなり物を購入するわけではない。その物について理解し、興味を持って「欲しい」と感じて記憶し、ようやく買うのだ。

AIDMAは、その過程を「Attention(注意)→Interest(興味)→Desire(欲しがる)→Memory(記憶)→Action(動く)」として表現した場合のそれぞれの単語の最初の文字を繋げたものである。物を売りたいのであれば、この過程を満たす事ができるような工夫が必要になってくる。

ちなみに、AIDMAの法則以前には「AIDAの法則」というものが主流だった。この場合は「Attention(注意)→Interest(興味)→Desire(欲しがる)→Action(動く)」である。

[ad#ad-1]

そして、AIDMAの法則から少し進んだ「AIDCAの法則」というものもある。この場合は「Attention(注意)→Interest(興味)→Desire(欲しがる)→Conviction(確信)→Action(動く)」である。物を買わせるためには、記憶させる事は当然として「良い物だと確信させる」ことも欠かせないとする法則である。

また、ネット社会の到来によって人々の購入傾向がやや変化した事から「AISASの法則」というものも誕生した。この場合は、「Attention(注意)→Interest(興味)→Search(検索)→Action(動く)→Share(共有)」である。「興味を抱いて→ネット検索をして→買って→SNS等で共有する」という流れだ。