無能な人間が一定量いる理由は?

有能な人間と無能な人間の割合は一定である

2:6:2の法則

自分は有能か?無能か?

「2:6:2の法則」とは、組織(企業など)においては、生産力に優れた人間が20%、並の人間が60%、生産力の低い無能な人間が20%というくらいに分かれるという傾向のことだ。

別名「働きアリの法則」。アリの群れをじっくり眺めていると、20%前後はほぼ仕事をしないアリが存在するのだ。ちなみに、この法則は北海道大学大学院の長谷川英祐教授の研究により判明したそうだ。

[ad#ad-1]

さて、ではその20%を群れの中から外してみたらどうなっただろうか。何と、群れの残りからまた20%前後の仕事をしないアリが出現したそうだ。反対に、仕事をしないアリだけで群れを形成させたところ、20%前後が良く働くようになり、20%前後は働かないままだったようだ。これが「2:6:2の法則」の本質であり、人間社会にも当てはまる。

では、なぜ「良く働くアリ」と「働かないアリ」に分かれるのだろうか。その理由は、「群れ全体で考えれば、働かないアリも必要だから」であると言われている。全てのアリが勤勉だと「調子の良い時は良いが、駄目な時は全体的にダメ」になってしまう。働かないアリも、群れを末永く存続させるためには欠かせないのだ。さて、貴方の周囲に当てはめて考えてみてほしい。

[ad#ad-1]