背表紙テンプレートはこちら

【Excel_VBA】選択範囲のセル番地を表示する方法(102)

  • URLをコピーしました!
[sc name=”ad_excel_vba_00″ ][/sc]
目次

1.解説

対象オブジェクトを省略したSelectionプロパティで、作業中のワークシートの選択範囲を
表す Range オブジェクトを取得できます。そのAddress プロパティで、「SA $1」のような
形式のセル番地を調べ、MsgBox関数でメッセージ画面に表示させます。

[sc name=”ad_excel_vba_01″ ][/sc]

2.サンプルコード

<サンプルコード>
---------------------—-—-
 Sub vba102()
    MsgBox Selection.Address
 End Sub
-------------------------
[sc name=”ad_excel_vba_02″ ][/sc]

3.実行方法

[sc name=”ad_excel_vba_03″ ][/sc]

4.サンプルデータ【ダウンロード】

<(サンプルデータ)ダウンロード>
 Excel_VBA_102.xlsm ※ 「右クリック」→「名前を付けて保存」

[sc name=”ad_excel_vba_04″ ][/sc]

5.関連ページ

<関連ページ>
 Excel_VBA_000 目次一覧

[sc name=”ad_excel_vba_99″ ][/sc]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
TOP
目次
閉じる