背表紙テンプレートはこちら

【Excel_VBA】現在の選択範囲を広げるには(119)

  • URLをコピーしました!
[sc name=”ad_excel_vba_00″ ][/sc]
目次

1.解説

選択範囲を表す RangeオブジェクトにRowsプロパティを指定すると、対象のセル範囲を行ごとのグループに区切った Range コレクションが取得できます。
これにCount プロパティを指定すると、コレクションに含まれる行を表すRangeオブジェクトの数が求められます。
この選択範囲の行数に、広げたい行数を加え、Resizeプロパティの引数 RowSize に指定します。
以下の例では、3行分広げています。
なお、選択範囲の列を右方向へ広げたい場合は、同様のコードでRowsプロパティの代わりにColumnsプロパティを使用し、Resizeプロパティで引数ColumnSizeを指定します。

[sc name=”ad_excel_vba_01″ ][/sc]

2.サンプルコード

<サンプルコード>
---------------------—-—-
 Sub vba119()
      Selection.Resize(RowSize:=Selection.Rows.Count + 3).Select
 End Sub
-------------------------
[sc name=”ad_excel_vba_02″ ][/sc]

3.実行例

[sc name=”ad_excel_vba_03″ ][/sc]

4.サンプルデータ【ダウンロード】

<(サンプルデータ)ダウンロード>
 データのダウンロードはこちらから(Excel_VBA_119.xlsm)
   ※ 「右クリック」→「名前を付けて保存」

[sc name=”ad_excel_vba_04″ ][/sc]

5.関連ページ

<関連ページ>
 Excel_VBA_000 目次一覧

[sc name=”ad_excel_vba_99″ ][/sc]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
TOP
目次
閉じる