今回はマコなり社長の「99%の人は『考える』が出来ない」という動画をまとめます。

「考える」。
毎日、当たり前のようにやっているように感じることですが、「99%の人は『考える』が出来ていない」とマコなり社長は言います。

みなさん「考える」って一体何をすることなのか、分かっていますか?

あなたは「考える」とは一体何か説明できますか?
知らなかった人は、今日覚えて周りの人と差をつけてください!

【関連記事】
 ■ マコなり社長動画まとめ|【全て】YouTube動画一覧(アクションプラン)

■ゼロ秒思考
https://amzn.to/33Y1lhw

「考える」とは、「自分が今、何を考えているか」を文章に落とす(書き出す)こと

結論を先に述べると、「考える」とは、「自分が今、何を考えているか」を文章に落とす(書き出す)ことです。
反対を言えば、手を動かさずに頭の中で思い悩むのはただ単に「考えるフリ」。
正しく「考える」ことができるようになると、仕事・人生の生産性をあげることができます。

文章にすることが重要である理由は自分の偏った思考を客観視できるから

人間の脳には「認知バイアス」という機能が備わっており、どうしても思考が偏ってしまうように出来ています。

認知バイアスとは

無意識のうちに物事を短絡的に捉えてしまう性質。
 例:○スーパーでTVCMで見るものを選んでしまう(単純接触効果)
   ◯実績ある偉い人の言うことは正しいと感じる(ハロー効果)
   ○「1週間後に提出する」と言われ3日で出されると速いと感じる(アンカリング効果)
   ○自分がずっとやってきたやり方が正しいと信じてしまう(一貫性の法則)

[ad#ad-1]

「偏った考え」は悪い性質に見えるが、人間が生きていくために必要な脳の機能

認知バイアスというのは、日々の生活で膨大な情報を受け取る人間が、生きていくために必要だから脳に備わっている機能です。

例えば、ライオンが襲ってきた時に「これはライオン?違うか?」と考えていると、死んでしまいますね。

「大きい動物!危ない!逃げる!」と、1秒以下で判断して逃げる必要がります。

このように、ショートカットして判断するための方法として、認知バイアスがあります。

偏った考え方から脱却するためには、情報を自分の外に出す必要がある

自分の考えを文章にすることで、認知バイアスを完全なゼロにできるわけではありません。

しかし、自分の考えを外に出すことで、それが論理的か、または抜け漏れがないかをチェックできるようになります。

さらに客観性を高め、新たな視点を得るためには、文章を他人に見せることが勧められています。

[ad#ad-1]

頭が良くなる文章の書き方

頭が良くなる文章の書き方として、マコなり社長は2つのフェーズに分けて説明します。

  1. 発散フェーズ思ったことを書きまくる
  2. 収束フェーズ発散したことを整理し「これからどうするか」を考える

「文章を書く」という作業は、PCでも行っても良いですが、丸つけたり強調したりと効率が良いため紙が圧倒的におすすめとのこと。

発散フェーズ

発散フェーズは、以下の2つのステップにて行います。

(1)紙にひとつ問いを立て、それに対する答えを思いつくままに書き出す(10分間)

なぜケアレスミスをするのか?

 ・チェックしない
 ・作業に余裕がない
 ・うっかりしている
 ・仕事がつまらない…etc

(2)次の問いを書く

例:忘れずにチェックをするにはどうしたらいいか?

 ・チェックしたことを上司に報告する
 ・同僚とダブルチェックをする

発散フェーズのコツとしては、以下の2つがあります。
 ・問いと答えは何も難しいことを考えないこと
 ・悩んで手が止まるなら次に行くこと

収束フェーズ

収束フェーズでは、書き出したことを元に「これからどうするか」を決めます。

以下の2つのステップにて行います。

(1)できる限り簡潔なアクションプランを書く

例:ケアレスミスをなくすにはどうすれば良いか?

→仕事が終わったら必ず上司か同僚にダブルチェックするルールにする

(2)そのアクションプランに設定した理由を書く

例:仕事が終わったら必ず上司か同僚にダブルチェックするルールにする理由

業務量が増えて早く仕事をする必要がある
 ・1人だと必ず見落としミスが起きる
 ・2重チェックすれば防げる

収束フェーズのコツは、以下の3つがあります。

 ・他人に見せた時に「それが最良の選択肢だ」と納得させられるよう意識して書く

 ・まとめていると発散したくなるが、その場合は発散フェーズに戻る

 ・発散と収束を繰り返すことで思考はどんどん洗練される

[ad#ad-1]

「考える」習慣で人生が変わる

マコなり社長は創業時からこの「考える」を続けているとのこと。

毎日行うことで思考が整理され、そのうちに、紙に書き出さなくても思考ができるようになったそうです。

3ヶ月間、毎日10分やるだけで劇的に頭が良くなるし、人生が100%好転すると断言されています。

詳しくは「マコなり社長」のyoutube動画をご覧ください

○YouTube動画