【無料】マコなり社長動画まとめ|【99%が知らない】簡単に人を夢中にさせる『黄金法則』(111)

今回はマコなり社長の「【99%が知らない】簡単に人を夢中にさせる『黄金法則』という動画についてまとめていきます。

人を夢中にさせる「黄金法則」

今回、理解してもらうのは、人を魅了するコンテンツをつくるために絶対に知っておくべき法則です!

この法則を意識すれば、スピーチや企画書など、あらゆるコンテンツを考えるときに必ず役立つはずです
ぜひ参考にしましょう!

■関連動画
実は「結論」から話してはいけない
https://youtu.be/sITVM8XQ6zA

【関連記事】
 ■ マコなり社長動画まとめ|【全て】YouTube動画一覧(アクションプラン)

 
この記事は、マコなり社長のYouTube動画をまとめたものです
 「復習」として利用し、記憶の定着に活用ください


<マコなり社長:おすすめ書籍(本)12選>
https://www.motenashio.com/…

▼人を夢中にさせる黄金法則を知るメリット

人を夢中にさせる黄金法則を知っているだけで以下のメリットがあります。
 ・営業トークが上手くなる
 ・面接で面白いと思われる
 ・人気YouTuberになれる

このようにさまざまな場面で利用できます。

[ad#ad-1]

▼人を夢中にさせる黄金法則とは

人を夢中にさせる黄金法則は「緊張と緩和を絶えず起こし続けること」です。

 「緊張」とは、先が気になったり、ドキドキさせる展開のことです。
 「緩和」とは、ホッとして緊張がほぐれる展開のことです。

この緊張と緩和の繰り返しの展開が人を夢中にさせる黄金法則です。

[ad#ad-1]

▼例①:漫才のボケとツッコミにも緊張と緩和が使われている

漫才におけるボケとツッコミは平安時代から続く緊張と緩和の「鉄板フレームワーク」です。

漫才は見ている間ずっと笑いっぱなしではないはずです。

まず、これからどうなるのか?と観客を緊張させるところから始まります。

適切なタイミングで、予想外のボケを加えて会場を緩和させる。

そのボケに対してツッコミを入れることで会場をさらに緩和させる。

このように、緊張と緩和を細かく繰り返すことで漫才が面白いコンテンツとして構成されているのです。

このお笑いにおける緊張と緩和の関係は、ダウンタウンの松本人志さんも話しているほど有名です。

▼例②:恋愛関係にも緊張と緩和が必要

恋愛関係においても、ちょっとした緊張感が良い恋愛を作り出すことに繋がります。

恋愛において、いつも優しい人は緩和が進み過ぎてしまい、つまらないはずです。

一方で、モテる人は近付けそうで近付けない関係を作り上げ、絶妙な緊張と緩和を保っているからモテているのです。

相手に求めすぎたり、距離が近すぎると緩和が進み過ぎてしまう。

油断すると離れていってしまうかもしれないという緊張感がお互いを良い人間関係にしてくれるのです。

▼具体的に緊張と緩和を作る2つのステップ

緊張と緩和を作るためには2つのステップがあります。

ステップ1:徹底的に結論ファーストのわかりやすいだけの文章を作る
 〇マインドマップなどを使い、構造的にわかりやすい文章を作っていきましょう。

ステップ2:作った構造的な文章をどのように緊張させるかを考える
 〇簡単にいうと焦らしを作っていくことです。シチュエーションによってチューニングしていきましょう。

[ad#ad-1]

▼クリエイティブを決める時は緊張と緩和が有効

迅速かつ、合理的な意思決定が必要な会議では緊張と緩和は不要です。とにかく結論から話すことを意識しましょう。

一方で、クリエイティブなことを決める場合は、理論よりも感情で決定されることが多いので緊張と緩和は有効になりやすいです。緊張と緩和を意識したプレゼンを作り上げましょう。

▼まとめ:明日から実践してみよう。

「緊張」と「緩和」の法則は、日常のコミュニケーションでも役に立ちます。

何から始めれば良いのかわからない方は、緊張を生み出すことから意識してみましょう。

相手が興味のある話題だと効果が高くなります。

さらに、緊張と緩和を生み出すコツを勉強には、流行っているコンテンツがどのような構造(「緊張」と「緩和」により)で夢中にさせているのかを考えてみることが有効です。

明日からこの方法で、緊張と緩和を意識し、分析してみましょう。

詳細は「マコなり社長」のyoutube動画をご覧ください↓↓↓

<動画>