今回のマコなり社長のYouTube動画テーマは「人間不信ほど出世する」です。

ここで言う人間不信とは、人の話を簡単には信じないという意味です。

マコなり社長は断言します。

「上司や仲間の話を簡単に信じる人は絶対に出世しません。人の話をどんどん疑う方が、仕事ができるようになります」と。

これは「人を信じるのは素晴らしい」という、間違った常識をすり込まれた人には受け入れがたい真実かもしれません。

しかし、もし、その常識の呪縛から解き放たれれば、明日から見違えるほど仕事ができるようになることも十分にあるのです。

今回は、そんな常識をアップデートするような話です。

[ad#ad-1]

人の言ってることはものすごく適当

マコなり社長は、人を信じていけないと言うと「いつも周りの人が言っていることを疑わないといけないから大変だと思わないか?」と聞かれることがあるようです。

回答は「はい、その通りです」とのこと。

 一日中、いろんな人の話を疑うとめちゃくちゃ疲れるそうです。

しかし、実はそれが自然なことなのだそうです。

 それでは、なぜ疑わなきゃダメなのでしょうか。

簡単に言うなら、人の言っていることは適当だからです。

適当という言葉には2つの意味があります。

つ目は、深く考えていない発言が99%であるということ。
2つ目は、経験で意見が180度すぐに変わること。

1つ目、深く考えない発言が99%ということについてです。

よほど賢くて、頭の回転が速い人じゃないと、人は自分の言っていることに関して全然深く考えていません。

雰囲気発言・ジャストアイデアです。

特に社会人の若い人は、目上の人が言うことを、全部正しいと思いがちです。

しかし、上の人が言うことも、意外と何も考えずに言っていることばかりです。

誰かの言っていることの受け売り、ジャストアイデアです。

スピーチの原稿を考えたことがありますか。

原稿を考えるのって、めちゃくちゃ疲れますよね。

本来、しっかり考えて文章作るというのはそういうことなのです。

瞬時に、わかりやすく構造的な言葉遣い文章の構成考えることは難しいです。

しかし、会話には素早いテンポも重要です。

そのため、いちいち深く考えられないのも当然です。

また、毎回ゼロベースで深く考えると疲れてしまいます。

例えば朝、誰かにおはようございますと言われた時に「なぜおはようと言ったのか」「他の挨拶の仕方を検討しなかったのか」「なぜ人は声を出して意思疎通するのか」「ボディランゲージの方早くないか」などと、そもそものゼロベースから考えると大変ですよね。

いつも、物事を深く考える必要はありません。

仕事やプライベートで重要な意思決定をする時に、しっかり深く考えることが重要です。

絶対に俺の言うことが正しい、と強く主張する人も、なぜ?と聞くと意外とたいして考えないことがほとんどです。

 2つ目、経験で意見が180度変わるということについてです。

一見、めちゃくちゃ頑固に見える人も、年月が経っていろんな経験をすると、別人のように価値観は変わります。

例えば、マコなり社長自身、20代前半のときには「仕事相手と話すときは、常にお互いの言いたいことをストレートに言い合うべきだ」と考えていたそうです。

しかし、言葉が強いために、何度もトラブルになり、仲間が辞めた経験を経て、今は「人を傷つけるようなストレートな物の言い方を絶対にしちゃダメ」という価値観に変わったそうです。

また、マコなり社長は20歳前半、お酒一滴も飲まなかったそう。

「お酒を飲む人は頭おかしい」と激しく批判していたとのこと。

しかし、大昔に失恋してウイスキーをストレートで飲んだ時に「意外とうまい」と感じたことをきっかけに、お酒を普通に飲むようになっています。

今では、週に数回飲む機会があるというほど。

そのくらいに、人って変わるものなのです。

マコなり社長の大学の友達は、お酒飲むということにびっくりするそう。

皆さんも、昔は頑なにこだわっていても、今はさほど気にしていないということがあるかもしれません。

久しぶりに会う人に、すごい人が変わったねと言われることもあるでしょう。

みんな、そんなものです。

ガチガチの理論武装で、この人には意見が通らないなと思っても、数ヶ月後にはサラッと通ることもあります。

マコなり社長は「一生の約束は100%嘘、やってはいけない」と考えています。

それは、常に人は更新され続けるという前提で、今この瞬間の相手と向き合うべきであり、それが人間として自然だという思考があるからです。

 人を信じるのは失礼なこと

人のことを簡単に信じてしまうのは、知る努力を放棄していることと同じです。

人を疑うこと、信じないことは、悪いことと思われがちですが、真実は逆です。

人の言うことを簡単に信じる方が、失礼なのです。

人の言っていること・やっていることを、疑えば疑うほど、相手のことをきちんと理解しようとする努力をしていることを示します。

 先ほど話したように。人の言うことは浅いし、すぐ変わるものです。

そう言っても、皆さん人を疑うことを避けます。

それは、ある一つの思い込みをしているから。

 どんな思い込みか、思い当たるでしょうか。

それは「人を信じない=相手を傷つけてしまう」という思い込みです。

人を疑うことと、相手を傷つけることは別物です。

相手が言うことを、それは本当に正しいのかと思うのは、真実を追求しようとしているだけで、相手を否定することではありません。

それなのに、質問をするだけで相手を否定すると思ってしまうのです。

 相手を疑うことで人を傷つけるかどうかは、伝え方の問題です。

例えば、上司にこれをやって、と言われた時に「なんでそれやる必要があるんですか」と雑な言い方をすると、上司はイラッとするでしょう。

しかし「ご指示ありがとうございます。基本的にその方向でやろうと思います。でも、もしかしたらこういうやり方もあるのかなと思ったんですが、どうでしょうか」と言えば上司もイラつくことはないでしょう。

むしろ、前向きな提案をしてくれてありがとう、と感謝されるかもしれません。

 相手を傷つけずに、上手に疑う3つのコツがあります。

 1つ目は、最初に感謝を伝えること。

 2つ目は、これからどうするかを話すこと。

 3つ目は、代案を提示すること。

この3つが揃えば、相手を疑おうが、相手を否定し傷つけることはありません。

相手の言うことに対して、本当の真実はどうなのかと疑うことで、相手はより思考を深められます。

自分の考え浅い場合には、自分の思考を深められます。

疑うことは、一緒に真実を追求することです。

お互いにWin-Winな行為なのです。

 [ad#ad-1]

 人を疑うほど仕事ができる

マコなり社長は、人よりもアイデアを出すのが得意だそうです。

議論なども、人よりも早く本質的な論点にたどり着く自信あるとのこと。

「どうしてそんなことができるのか」と聞かれたときの答えは簡単で、「あらゆることに対して、常に疑うから」出そう。

 ニュースを読んでいても、部下からの提案でも、本で読んだことでも、友達から言われたことでも、さらには自分が一度発言したことも、「本当にそうなのか」と疑問を持つのだそう。

一度、反対側の立場に立つからアイデアが出るのです。

主張に対して賛成だったとしても、「もしこの意見が論破されるなら、ここだ」というように、逆の立場に立って考えるため、論理が通っていないこところに、すぐに気づくそう。

 プライベートは「そもそも論」が多すぎるから、少し面倒かもしれません。

マコなり社長はよく「哲学しているね」と言われるそうですが、それは彼にとっては最高の褒め言葉だそう。

「私は先天的に知的好奇心が異常に強い。一度、何かに興味を持つと夢中になります。運よく、これまで常に深く考えてきたことが、起業家として良い方向に活かせています。スポーツや勉強については、悪い方向に転んだこともあったかもしれません」とマコなり社長は語ります。

 マコなり社長のように、起業家であれば問題ないかもしれません。

しかし、組織の中の1人の社員となると、そうはいきません。

あまりにもなんでも疑うと、身動きが取れなくなるかもしれません。

なので、マコなり社長も「なんでも疑え」とは言いません。

ただ、大勢の中の1人ではなく、突き抜けて出世したい、成長したい、人とは違う成果を出したいなら、人の言うことを疑って、真実を追求していくことが絶対欠かせません。

 マコなり社長は言います。

「しかし、この動画を見ている人の中で、きちんと疑って真実を追求する姿勢をとる人は一握りでしょう」。

なぜかと言うと、人の言うことを大人しく聞く方が楽だからです。

人に同調するのは楽です。

衝突もない、考えない。

世の中の99.99%は、誰かの考えた常識、誰かの作った当たり前に沿って、何も考えずに生きています。

それを悪いことだとは言いません。

 マコなり社長は続けます。

「でも、せっかくYouTubeでこんな真面目なことを話すチャンネルを見ているあなたにこそ『常識人間は捨てれば捨てるほど面白い』と言いたい」。

常識人間を捨てると、人生をものすごく自由に感じるそうです。

もっと人生を変えたいと思っても、なかなか変えられない人も多いでしょう。

しかし、安心してください。

マコなり社長は、前半で「人の考えはすぐに変わる」と言っています。

言い換えるなら、「何回でも自分を変えるチャンスがある」ということです。

しかも、失うものはありません。

変わろうと思ってダメな自分に戻っても、これからどうするかを考えればいいのです。

 マコなり社長も、たくさん失敗して、何度も何度もダメな自分と向き合って、やっと少し変わって、こうして伝えているとのこと。

 「私も全然完璧ではありません。動画で偉そうに言うことができなかったりします。でも、その度に反省して前に進んでいます。チャンネル通して、一番学ばせてもらっているのは私です。これからもみなさんと一緒に、自分をアップデートして一緒に成長していきたい」。マコなり社長は語ります。

 [ad#ad-1]

 マコなり社長「人間不信ほど出世する」復習

人間不信ほど出世する。

その理由は、人の言うことは適当だからです。

適当というのは、深く考えていないということと、経験で意見が変わるからです。

人を簡単に信じるのは、知る努力の放棄と同じです。

人を信じないと相手を傷つけるというのは、思い込みです。

相手を傷つけずに疑う3つのコツは、

最初に感謝を伝えること、これからどうするかを話すこと、代案を提示することです。。

人の言うこと、やることを疑うことは、真実を追求する、お互いWin-Winなことです。

今回の話を参考に、常識人間を捨てて、人生を面白くいていきましょう。

■【関連記事】:その他の動画まとめ一覧
 【無料】マコなり社長動画まとめ|【全て】YouTube動画一覧
  ※マコなり社長のYouTube動画全てを一覧にしていますので、視聴の参考としてお使いください。

【無料】マコなり社長動画まとめ|【全て】YouTube動画一覧

 ■【今回の動画】:詳しくは以下のマコなり社長のyoutube動画をご覧ください↓↓↓