今回はマコなり社長のYouTube動画 『【厳禁】「つまらない人」の話し方TOP5』 についてまとめていきます。

話が「面白い人」と「つまらない人」。それを分けるのは何か?

マコなり社長は、まず話し方よりも聞き方が重要と言います。一般論として、相手の話に関心があるという姿勢が崩れなければその会話は面白いものであることが多いからです。

だからこそ、聞く側を惹きつける話し方に主題に、5つのポイントに気を付けてみましょう!と紹介しています。

この動画を観たあと、ふだんの会話の仕方や話す内容も、グッと変わるはずですよ。

それでは早速見てみましょう!

【関連記事】
 ■ マコなり社長動画まとめ|【全て】YouTube動画一覧(アクションプラン)

[ad#ad-1]

「つまらない人」の話し方第5位:話にオチがない

裏を返せば、起承転結の流れや、比喩などを使った抑揚がつくと、会話は面白くなるということです。

「オチ」とは「予想外の結末」のことです。
予想外にさせるためには、相手に「どうせこういう話になるんだろうな」と予想をさせたうえで、予想外が生まれます(この予想させる仕掛けを「フリ」といいます)。

話の中でフリを作って予測させ、オチで予想外の結論を持ってくることで、誰でも面白い話ができるようになるんです。

※マコなり社長自身も、会社の総会で笑いを取れた話を例に出しています。マコなり社長のYoutubeチャンネルは観てくれる人が増えているのですが、中にはこんな批判的なコメントをする書き込みがあったと話しました。

聞いていた人は批判コメントと聞いて「あぁ、そのコメントは“お金稼ぎがしたいんだろ” “話が胡散臭い”とか書かれたんだろうなぁ」と予想したはずですが、マコなり社長は「眉毛の形が気に食わない」というオチを話しました。予想に反したオチのおかげで、なかなかいい笑いが取れたようです。

さらに、「大げさかつ具体的に比喩を使って表現する」ことも、面白く話すコツだと紹介しています。

マコなり社長の例を取れば、「そのコートだいぶ使い込んでいるね」と言われたならば、「もう一年くらい使っているかな?」というよりも「この前彼女に“3年間毎日使い込んだ小学校の雑巾”って言われたよ」…と答えてみたらどうでしょうか?

ふつうの返答にも、面白さやウィットが生まれるはずです。

こうした予想外の展開や、予想を超える表現にこそ、面白さのタネが詰まっています。

ただしお笑い芸人のように、フリやオチを仕込みまくる必要はありません。
日常のなかで、自分の予想を裏切られた自分や他人の出来事をメモして残しておけば、人生で最高の財産になるのです。ぜひやってみましょう。

「つまらない人」の話し方第4位:自慢話

「過去の栄光自慢」や「知識自慢」には注意が必要です。とりわけ知識自慢はうっかりしてしまうケースがあるので地位が必要です。

まず、過去の栄光自慢とは「昔はワルだった」「1人で10人まとめて倒した」「センター試験で9割取った」「首席だった」…などと、延々と話し続けるような自慢話です(ただしこれはビジネス誌や一般常識としてやってはいけない話によく挙げられるので、これを長々とする人とは避けた方がよいでしょう)。

つぎに知識自慢は、相手との知識差や間違いを正そうとする際に起こりがちです。

傾向としては「えっ、これ知らないの?」「知らないのヤバいよ?」から始まって、ツラツラと知らない話を長々としてしまうケースです。

興味がない話をグダグダと聞かされる…と考えたら、きっと苦痛なはずです。

なぜ起こってしまうかというと、知識自慢をする人にとって「その情報は価値があることだ」と信じて込んでいるからです。

相手にとっては知らない情報がすべて価値ある話とは限らないので注意が必要だと、マコなり社長は言います。

もし相手が未知である知識を話す際には、本当に関心をもっているか表情を見て確認するようにしましょう。

プログラミングスキルの習得なら テックキャンプ

業界最大級のテクノロジースクール テックキャンプ!
これまでの受講生は15,000人以上!

コロナ禍での在宅時間を有効活用して、将来に活躍するテクノロジー人材を目指しませんか?

未経験でもできるのか不安… 自分にはどんな学習スタイルがいいのか…
そんなお悩みも、まずはオンラインでできる無料カウンセリングでご相談ください!

”人生を変えるには行動するしかありません”

「今よりも生産性を高めたい」
「市場価値を高めたい」
と考えている方は、一度覗いてみてください。

↓↓今すぐ【無料】カウンセリングへ↓↓
プログラミングはテックキャンプ

「つまらない人」の話し方第3位: 話が長い

話が長いというのは、時間の長さというよりも、話し方や内容など「聞き手の相性」によって決まるものだと留意しておきます。

ただし、一つの話が切れず長々と続く、話が想像しづらいなど「つまらない」と感じてしまうポイントがあります。

そこで、簡単な話し方のコツ3点を心掛けてみましょう!

1)一文を短くする

「先週花金で同僚と飲みに行って、結構酒飲んで二次会行って、カラオケ行って米津歌って…」とのように、
「~して」で続けながら話してしまうと、話が長く感じられてしまいます。

人と話す際には区切りをつけるだけで、話に余白が生まれます。その余白に質問や話を掘り下げる余白ができるので、言葉のキャッチボールが繋がりやすくなるわけです。

2)相手に問いかける

問いかけられると、人間の脳は無条件に考えようとします。

突然ですが、9+7は何ですか?…あなたの頭には「16」と思い浮かぶはずです。このように考えるとき脳は緊張状態となり、この緊張感が話にメリハリを生んでくれるのです。

3)想像しやすい身近な例で例える 

人の話を聞くときは「その話の情景が頭に浮かぶ」くらいに、イメージできている状態にあるほどスムーズに話を聞くことができます。

抽象的な話題や言葉が続くほど脳は疲れやすくなるので、誰もが言われた瞬間にイメージが浮かぶほどに身近な例えを使いながら話すとよいでしょう。

「つまらない人」の話し方第2位:話のつかみがない

マコなり社長が「このあと話す1位以上に、この2位を発表したかった」と言うくらい、この「話をつかむ」は大事だと話します。やっていない人が多いとのことなので、ぜひ試してほしいコツです。

「話のつかみ」とは、「この話をもっと聞きたい」と思わせる冒頭のしゃべりのことです。このつかみがピッタリはまると、相手に「最後までちゃんと聞こう」という気力を与えることが出来ます。つかみは必ずしも面白い話である必要はなく、「この人の話は聞く価値がありそうだ」と思わせればOKなのです。

つかみのコツは「チラ見せ」です。


たとえば「Amazonでアレクサという機器を買った」という話題をするならば、単に「アレクサを買ったよ」と言うよりも


「ねぇ、今アメリカで爆売れしている、たった5000円で買える最強の家電知ってる?」…みたいに、前置きを作ったうえで話しを進めた方が面白くなります。

このように感情を動かすために、話のプロセスにつかみを織り交ぜると、とてもメリハリがつきやすくなるのです。
意外とやっていない人が多いので、ぜひ使ってみましょう。

※ただし、この「つかみ」のコツは相手の興味を掴んで面白い話をするためのテクニックですが、素早い情報伝達が必要な場面(ビジネスなど)では結論から話した方がよい場面が多くなります。

「つまらない人」の話し方第1位: 誰かの批判・愚痴を言う

マコなり社長の動画でもよく紹介されていますが、批判や愚痴は特に避けるべきものです。

批判や愚痴は、主体的に行動する自分の勇気を奪う、自分の首を絞めるものだとマコなり社長は主張します。

双方にネガティブな思考をもたらすので、つまらないを通り越して不快さを与えてしまうのです。

もし身近な人で愚痴ったり非難をしている人がいれば、嫌われる勇気をもって「誰の為にもならないからやめないか?」…と言ってあげるのが優しさかもしれません。

もし人の非難や愚痴・不満を口に言い出しそうになっても、勇気を出して我慢して、自分の力で環境を変える方にエネルギーを注いでみましょう…!

[ad#ad-1]

「つまらない人」の話し方 まとめ

   第5位:「話にオチがない」

   第4位:「自慢話」

   第3位:「話が長い」

   第2位:「話の掴みがない」

   第1位:「誰かの批判・愚痴を言う」

これらに注意してみて改善をして、自信を持って話をできる自分になりましょう!

詳細はマコなり社長の動画をご覧ください↓↓↓