今回はYouTube(ビジネス動画)で大人気のマコなり社長の動画「【皆知らない】仕事ができない人の『文章の書き方」10選」についてまとめていきます。

今回は、あなたもついやってしまっている可能性がめちゃくちゃ高い、仕事ができない人の文章の書き方 10選です。

マコなり社長が人に対して頻繁にアドバイスする、ついやりがちな駄目な文章の書き方です。

はじめは大変かもしれませんが、1年ぐらい続けると、誰もが恐ろしく分かりやすい文章をかけるようになっています。
ぜひ内容を理解し明日から実践してみてください。

【関連記事】
 ■ マコなり社長動画まとめ|【全て】YouTube動画一覧(アクションプラン)


<マコなり社長:おすすめ書籍(本)12選>
https://www.motenashio.com/…

1:並列じゃない情報に箇条書きを使う

箇条書きは、並列な情報のみに使うべきです。

バラバラな内容を箇条書きにする必要はありません。

箇条書きを一つだけ使うこともルール違反です。

箇条書きを使う場合は以下のことを意識しましょう。
・1つ1つの情報が独立していること。
・2つ以上の並列な情報

2:順序じゃないところに数字番号の箇条書きを使う

順番に関係なく、項目を並べるだけなら数字を使う必要はありません。

数字が不要な場合は、通常の箇条書きを使いましょう。

もし、数字の箇条書き使う場合は

「理由1理由2理由3」などのように言葉を添えて順序を入れるとさらに良いでしょう。

3:因果のないところに「→」を多用する

「→」を安易に使うとどんな意味なのかわからなくなるデメリットがあります。

有効な使い方は、因果関係を表す部分にのみ利用するのがコツです。

「Aが発生した」→「その結果Bになった」

この例のように因果関係がある文章のみに「→」を使用しましょう。

4:接続詞「が」を使う

順接と逆説がわかりにくい代表の接続詞は「が」です。

わかりにくい文章を書く人は「が」を多用しています。

「が」には逆説と順接の2つの意味があります。

そのため、ビジネスライティングにおいては、できるだけ使わない方がいいでしょう。

[ad#ad-1]

5:同じ語尾が連続している

「です」「思う」「〜だ」などが連続で続いてしまう。

同じ語尾が続くと幼稚な印象を与えてしまう。

書いた後に、読み直すことで改善できるので注意しましょう。

6:主語と述語が対応していない

主語と述語が対応していない例文

「ビタミンCが多い食品は、オレンジやレモンなどの柑橘類、野菜ではキャベツやじゃがいもに多く含まれています」

この例文の悪い部分は「ビタミンCが」に対応する述語がないことです。

述語や主語がない文章は、読み手が推測する手間が発生します。

主語と述語でなるべく短い文章を心がけましょう。

7:文字壁をつくってしまう

画面が文字でいっぱいになる文章を書いてしまうことを文字壁といいます。

文字壁は、とにかく見にくく文章が構造化されていないことが問題点です。

文字壁を防ぐ対策には以下のルールがおすすめです。
 ・一文に50文字以上は書かない。
 ・一段落に5文以上書かない

[ad#ad-1]

8:見出しをつくらない

文書において見出しは全てといえます。

文章をまずは抽象度の高い見出しからつくっていきましょう。

最初から完璧な見出しをつくるべきではなく、本文を書きながら見出しも修正していくことをおすすめです。

抽象から具体に落として考えていくことを「演繹(えんえき)的に考える」といいます。

そして、本文を書きながら見出しを見直していく方法は「帰納的に考える」です。

両方を使いながら文章を作り替えていくことが大切でしょう。

9:タイトルで相手に求めることが判断不能な文章

タイトルで求められることがわからない文章はコストが高いです。

「あなたの文章を読んで、私は何をすればいいの?」と思ってしまいます。

対策として、タイトルの一番最初に以下の文章をつけましょう。

【相談】【共有】【連絡】【依頼】【決済】【お礼】

これを付けるだけで相手が文章の内容を判断しやすくなります。

10:タイトルに「〜について」を使う

「〜について」を多用すると何を言いたいのかわからなくなります。

汎用性が高すぎるため、何を言いたいのか伝えにくいためです。

例として「社員の健康診断について」などがあります。

このタイトルだけでは、内容が伝わりません。

改善例は

「【重要な連絡】健康診断の受診方法」です。

この方が圧倒的にわかりやすくなるでしょう。

このようにタイトルを意識するだけで、文章の質を上げることができます。

詳しくは以下のマコなり社長のyoutube動画をご覧ください↓↓↓

[ad#ad-1]

<動画>

詳しくは以下のマコなり社長のyoutube動画をご覧ください↓↓↓