今回はyoutube(ビジネス動画)で大人気のマコなり社長【無自覚】職場で嫌われる人の特徴 TOP5」のyoutube動画についてまとめていきます。

本人は無自覚なのに、職場で嫌われる人の特徴TOP5を紹介します。

仕事は1人でやるものではありませんから、嫌われてばかりだと成果を出すことは難しいです。

あなたにも、もしかしたらあてはまるものがあるかもしれません。
つい気づかぬうちの嫌われ行動を取らないように、 ご自身の言動を見直すきっかけにしてください。

【関連記事】
 ■ マコなり社長動画まとめ|【全て】YouTube動画一覧(アクションプラン)


<マコなり社長:おすすめ書籍(本)12選>
https://www.motenashio.com/…

▼TOP5:何も言わない人

何も言わない人とは、いつも黙っていて自分の意見を言わない人です。
理由は、ズバリ!何を考えているのかわからないからです。
仕事においては、会議などで意見を言わない人は特に注意が必要です。何でもかんでも言えばいいというものではないですが。
このような人は自己主張が弱く論理的に考える傾向の人に多いようです。

このように意見を言うのが苦手な人におすすめアクションは、自分の感想」でいいからとりあえず話してみることです。

「これは感想ですけど〜」と感想を話すことからはじめることです。感想であれば、意見ではないので、ハードルを下げることができるのでお勧めです。試してみましょう。

[ad#ad-1]

▼TOP4:対話をしようとしない人

感情的になる人、相手の考えを理解する努力をしない人と言い換えることもできます。
本気で仕事をしていると、時には意見が食い違うこともあるはずです。
こんなとき、相手は絶対に間違っていると決めつけて潰しにかかる人は嫌われます。

仕事で、意見が食い違ったときに必要なのは「対話」です。
対話とは、なぜ相手とは違う考えに至ったのかを相手と協力して紐解くことです。
他人の知恵を借りて協力することが大切でしょう。
どっちが正しいではなく、お互いの理解を深めることに重点をおきましょう。

▼TOP3:清潔感がない人

清潔感の中でも特に気をつけるべきことは「臭い」です。
具体的には、ワキ・汗・強すぎる柔軟剤の臭いが当てはまります。
臭いがきつい人は理屈ではなく生理的な問題で難しくなります。

仕事で、どんな良い提案をしていても清潔感がないと頭に入ってきません。
デオドラントを使ったり、こまめに汗を拭くなど最低限のマナーを守りましょう。

[ad#ad-1]

▼TOP2:裏で不平不満を言う人

裏でコソコソと不平不満を言うとどんどん信頼を失っていきます。
「上司の悪口」や「自分の評価は妥当じゃない」などが具体例です。
本人からすると、共感してくれる仲間を作っているという意識がある。
しかし、それは逆効果で裏切られやすい薄い共感です

誰かのせいにすることは一番楽です。
不平不満ばかり言う臆病者にならずに、前向きに進める人間になりましょう。

▼TOP1:結果を出さない人

結果を出さない人が嫌われる理由は「会社での存在価値がないから」です。
会社は、結果を出して利益を出す場所なので、お金が全てじゃないと言う論理を営利企業で持ち出すべきではありません。

いつまでも結果が出せない社員でも居心地がいい職場は、本当にいい職場でしょうか?
傷を舐め合っているだけの職場環境では、信頼できる仲間ができません。
いつか会社自体が回らなくなり仕事が無くなってしまいます。
働くと決めた以上は、結果を求めるべきです。結果だけがあなたを守ってくれるでしょう。

結論:「好かれる」「嫌われる」を気にする前に貪欲に結果にこだわりましょう。

[ad#ad-1]

▼番外編:プライベートに干渉してくる人

信頼関係がない人に、プライベートな質問をするのはやめましょう。
全部ダメなわけではありませんが、恋人の有無や得意料理などは聞く必要はありません。
男女間のセクハラはもちろん同性間でも気をつけるべき項目です。

プライベートな話は、質問して答えてもらうわけではなく、信頼関係ができると相手から自然に話してくれることだと意識しましょう。

詳しくは以下のマコなり社長のyoutube動画をご覧ください↓↓↓

YouTube