18

金持ちになるには不労所得を増やすことです。不労所得とは、あくせく働かないでも入ってくるお金のことです。まじめにサラリーマンをやっていれば金持ちになれるかというと、そうでもありません。サラリーマンでいる限りは、そこそこの生活はできるでしょうが、金持ちといえるまでにはなれません。本当に金持ちな人は、実はあまりあくせく働いていないのです。

[ad#ad-1]

ボーっとしていても、すでに持っている資産を運用することで勝手にお金がガバガバ入ってくるようになっているのです。金持ちになりたいなら、これを見習って自分も不労所得を拡大していく必要があります。資本が無い貧乏人が不労所得を得ていくには、まずコツコツ株やFXをやりましょう。ちょっとまとまったお金が入ったら、コツコツ株を買い、株主優待など不労所得が入ってくるようにしていきましょう。また暇を見つけてはFXをやり、資産を増やすべきです。

FXはレバレッジをきかせた取引ができるので、小額の元手でも大きな投資ができます。うまくやれば短期間で資金を倍にすることも夢ではありません。それから、不労所得を得るのにいいのは、本を出版したり、特許をとったり、作曲したりして、何かの権利を獲得するといいです。権利も立派な資産で、それの運用次第でお金がジャンジャン入ってくるようになります。株やFX、各種権利の運用で不労所得がどんどん入ってくるようになったらもうしめたものです。

あとは意外と楽にお金を獲得していくことができるようになり、倍々ゲームでお金が増えていきます。お金がガンガンはいってくるようになったら、不動産投資なども視野に入ってきます。賃貸物件を購入し、自分で使うのではなく、他人に賃貸物件として貸すわけです。そうすれば、毎月黙っていてもお金が入ってきます。ある程度資金がたまってきたら、今度は金融的なことをやるといいです。要は他人にお金を貸してあげることです。こうすればお金が勝手に働いてくれて、利子をどんどん稼ぎ出してくれますから、金持ちになる方法といえます。

[ad#ad-1]

お金を増やす方法で逆にやってはいけないのは宝くじです。宝くじはまず当たりません。たしかに当たれば、月給の何十倍・何百倍もの大金が入ってきますが、宝くじが当たる確立は隕石が頭上に落ちるよりも可能性が低いですから買うだけ無駄です。