27

ウェブライターとは、クラウドソーシングサイト上でクライアントが指定している条件に適合した文章を投稿して収入を得る仕事のことです。自宅や出先など、インターネットに接続できる環境が整っていれば、いつでもどこでもウェブライターとして仕事をすることができます。そのため、乳幼児を抱えて自宅からあまり出ることができない主婦や、学業をおろそかにできない学生などにぴったりの仕事と言えます。特別なスキルや資格が要求されるものではありませんし、文章を書くことが苦痛ではない人で、基本的なルールを守れる人ならだれでも始められる仕事です。

[ad#ad-1]

ウェブライターの仕事の種類ですが、クライアントと契約して納期内に決まった量の文章を納品するタイプと、一つずつ記事をサイト上に投稿していくタイプに分かれています。それぞれ各クラウドソーシングサイトで呼び名が異なっているので注意しましょう。

後者はライティングに特化したサイトでも仕事があります。前者はクライアントと直接メールや電話などでやりとりをする必要がありますし、締め切りがあるので難易度が高めです。しかし、その分高収入を狙える仕事でもあるのです。

この仕事を通じて高収入を得て、お金持ちになるには仕事を厳選して選ぶ必要があります。報酬は1文字ごとに設定されている金額、つまり文字単価によって大きく異なります。つまり同じ文字数の仕事でも、文字単価0.1と0.3ではもらえる金額がかなり違ってきますよね。同じ時間と労力をかけて仕事をするなら、なるべく低単価で募集をかけているクライアントは避けて、良心的な金額で募集しているクライアントを選ぶ必要があるのです。

[ad#ad-1]

クオリティの高い文章を納品し続けていけば、やがてクライアントから直々に指名が来るようになります。ウェブライターの仕事で成功してお金持ちになるには、文字単価が高い仕事をして実績を積みつつ、クライアントと契約して複数の記事を納品するタイプの仕事に移行していくのがコツです。