25

お金持ちになりたいと考える人々が、実は近年減ってきています。その原因として指摘されるのが、社会全体に漂う閉塞感です。昔であれば、サラリーマン個人でも上昇意欲が豊富な方々が多く、夢は社長を本気で語る人々が少なくありませんでした。

[ad#ad-1]

しかし、現代の日本社会はやや斜陽の時代を向かえており、また政治や経済が混乱している事もあり、いわゆる高度経済成長時代やバブル経済期のような希望が持ちづらくなりました。ただ、一方で以前とお金持ちになる事に興味を持つ若者は確実にいらっしゃいます。
むしろ意識の高い若者の数は以前よりも増えてきており、インターネットを通して学生時代から人脈作りを着々と進める若者は近年目立ってきました。

古今東西、お金持ちになる秘訣としてよく挙げられるのが色々な分野に興味を持つ事です。これは欧米の大富豪の方々にも多く見られる特徴です。一つの分野にだけ精通し、その分野で権威となれば、確かに研究者や専門家として世間で一目置かれる存在にはなれます。しかし、それだけでは経済力は付いてきません。自分の得意な事と世間のニーズを上手く結びつけて、それをビッグビジネスに昇華させる視点が不可欠です。

ミリオネアの方々は自分の得意分野や本業以外に、多くの分野に興味を持っています。むしろ本業とはまるで関係の遊びに興味を持つ事で、ビジネスのアイデアが浮かびやすくなります。また視野を広げるため、古典や海外の分野やサブカルチャーやカードゲーム、こういった趣味に興味を多く持った方が大局観が養われます。また趣味を通して意外な分野の経営者やリーダーと自然と人脈作りが出来る、という実用的なメリットも得られます。

[ad#ad-1]

一流の経営者程、本業とは無縁の歴史や映画や芸術といったクリエイティブな分野に関心を多く持っています。欧米の起業家は挙って、東洋の神秘を学習したり、中国の兵法書や老荘思想、日本の歴史書などを学んでおり、歴史を超えた大局観からビジネスのアイデアを思案しています。