32

日本社会は長く続く景気の低迷から、中々脱出できません。その間景気の回復を狙い、日銀は低金利政策を続けています。この低金利の政策はまだまだ続くようで、銀行などの金融機関へお金を預けても、資産を増やすことは難しい状況です。

また、景気回復が果たせず消費の伸びが期待出来ない状況では、企業収益の伸びは限られ、企業マインドも中々回復しないようで、賃金の伸びも望めません。

[ad#ad-1]

こうした状況ではある程度のリスクをかけないと資産を増やすことは出来ません。逆に言えばリスク資産に投資することで、成功すれば大金持ちになれるチャンスがあります。例えばリスク資産への投資です。成長する企業に投資出来れば、株価が2倍3倍になる事も夢ではありません。資産を倍増、3倍増にすることが出来ます。

しかし、投資で成功することは簡単ではありません。資産が増えるどころか減ってしまう時もあります。企業業績が悪ければ株価は値下がりしてしまいます。更に難しいのは業績が良くても人気が無ければ、やはり値下がりします。それを予測することは大変難しいのです。

成功する途は長期投資だと思います。デイトレードや、スィングトレードの短期売買は儲かる時には良いですが荒波を被る時もあります。短期売買は投資というより投機的な意味合いが強くなります。オマハの賢人と呼ばれる著名投資家のウォーレンバフェット氏も長期投資で財を成しました。

[ad#ad-1]

毎月の積み立てで長期に亘って株を買うのがお勧めです。高い時も安い時も決まった金額で定期的に買う。平均単価を下げながら買うドルコスト平均法です。こうして、配当を毎年確実に貰いながら、それも投資に回すことで複利効果となります。長い間保有していれば株式分割などのチャンスも逃すことがないので、保有株数がただで増えることになります。長期投資はその企業の良いニュースも自然に取り込み、資産を太らせるのです。良いニュースが出て慌てて買っても高値掴みになっては、逆に損することも出てきます。

回り道をするようですが、長期投資がリスクが少なく着実に大金持ちになる一番の道です。