44

経営者になるのに学歴は関係ありませんから、誰でも経営者になってお金を稼ぐことは出来ます。学歴は信用などには意味がありますが、経営という点では関係ありません。どんな商売ではあっても商品を買うときには、その物を見るのであって経営者を見るのではないからです。

[ad#ad-1]

日本は確かに昔に学歴社会というものがあって、学歴が人事採用の一つの項目になっていたことはありますし、今も人事採用ではそのことは残っています。ですが、経営者になるにあたっては関係がないといえます。経営者はそれまでの会社での実績をもとに選ばれることになります。場合によっては外部から選ばれるこということもあります。そのため、実績を残して信用をされるようになることが必要になるといえます。

また、今は個人でも独立開業して起業をするということもよくあります。今はネットが普及しているので、だれもが起業をしてビジネスを始めることができるようになっているといえます。これまでのビジネスではある程度の資本を必要とするものが当たり前でした。広告を出すにしても、商品を仕入れるにしてもある程度の資金が必要になったからです。

ですが、今はこうした資金がなくても情報発信も出来れば、仕入れをしなくてもネットショップを持てるようになりました。ネットの普及によって顧客との情報交換がリアルタイムでいつでも出来るようになったことで、誰でも起業してビジネスをすることができるようになったといえます。こうした時代では、いかに自分の実力をつけるのかが問われることになります。

[ad#ad-1]

情報があっという間に拡散するので、仕事が出来るという人にはどんどんと仕事が集まるということになっていくわけです。そのため、実力がある人は起業してどんどんと仕事を増やしていくことが出来るようになっています。学歴は初期の段階では信用を得るのにある程度の意味を持ちはしますが、それは初期だけで後は実力がものをいう時代となっているといえるでしょう。”