47

小金持になるには、まずイメージすることが大事です。何かをイメージすることは現実化への第一歩といわれています。強く具体的にイメージすればするほど、それは現実化する可能性が高くなってきます。

[ad#ad-1]

ですから、小金持になりたいのなら、自分が小金持になっている様子を具体的にありありと思い浮かべてみることがおすすめです。しかし、金持ちになっているイメージだけをしてニヤニヤしているだけでは、もちろん実現化はしません。なりたい自分をイメージしたら、次は具体的に行動を起こして実力を養っていく必要があります。心にイメージだけしていれば、夢が実現するほどこの世の中は甘くありません。具体的に夢に向かって行動していく中で、徐々に夢が現実のものとなっていくのです。

と言っても、闇雲に行動を起こすと、無駄な骨折りをしてしまうことも多いですから、まずは荒削りでもいいので、夢を達成するための工程表を作ることがおすすめです。工程表というのは、夢を実現するまでの青写真となるものです。工程表を作るときのコツは、具体的に細かく工程を記していくことです。工程表も具体的であればあるほど、実現の可能性が高まり、真実味を帯びてきます。

例えば、30歳までに一千万円貯めるとか、40歳で独立開業するなど具体的な未来をイメージしていくことが大切です。そして書いたら、その夢を実現させるあめに一生懸命努力を続けることが大事です。しかし、工程表を作るといっても、なんの知識も無い人が、具体的に人生のロードマップを作るというのは難しいです。

[ad#ad-1]

そんな時は、ファイナンシャルプランナーなどの人生設計のプロフェッショナルに相談してみるというのも一興です。そういう人たちは、すごい専門的な知識を持っているので、人生工程を具体的に設計する際にとても重宝します。人生工程を作っておけば、先々の目標のために自分が今現在なにを為すべきなのか、また何を慎むべきなのかが明確に分かるようになってきます。