46

情報化社会では、秘密に研究することも必要です。特に影響が大きなことが予想されれば、その研究は秘密裏に行う必要性が高くなります。何故なら情報が漏えいすれば、真似をしたり、さらに上の研究をする人が出てくることは明らかだからです。研究をすることで、開発できたり、発明出来たりするものは多くありますが、その方法や内容は秘密裏にしておかなければ、すぐに情報は拡散するものです。特にその情報が有意義なものであればあるほど拡散する確率は高くなりますし、真似をするところが出てくる確率も高くなります。研究には時間と費用が掛かるものですから、その意義を高めるためにも情報はしっかりと守る必要があります。

[ad#ad-1]

また、何をどれぐらいの期間をかけて、いくらぐらいの費用をかけて調べられるのかということは、目標から決まってくることになります。利益が大きければ大きいほど費用や期間をかける価値は大きなものとなります。そうなれば当然情報の秘匿性というものも高くなることになります。

今の情報化社会にあっては一度情報が漏えいすれば、二時とその情報を秘密にすることは不可能と考えるべきでしょう。ですから、情報の扱い方というものには十分に注意をする必要があります。今の時代においては情報は資産であり、大事な収入源になるということを認識する必要があります。場合によっては現金などのようなものよりも価値が高いと考えるべきです。情報の扱いについては、何をどれだけ発表するのかということも考える必要があるでしょう。

[ad#ad-1]

特に大きな影響を与えるようなものについては扱いを考える必要があります。というのは、情報には一つめ二つ目と段階を追っていくものもあるでしょう。一つ目までの情報を公開するのか、二つ目までにするのか、それとも全部を公開するのかは、自分たちの考え方に寄ることになります。これからさらに事業を継続するのであれば、次の事を考える必要がありますし、そうでなければ、全てを公開するのもいいでしょう。”