お金があるとどんな欲しいものも手に入りますし、将来病気になった時や老後の生活の不安がなくなります。生活が困窮していると、大きな病気になった時に最新の高額な治療を受けるという選択ができないうえに、ひどい場合は病気の克服に必要な治療すら満足に受けられません。そのことで公開する結果になってしまうのは嫌ですよね。だから、誰もがお金持ちになりたいと思っても、それはおかしなことではありません。不自由のない暮らしを送りたいというのは、人間にとって普遍的な願いでしょう。

[ad#ad-1]

お金持ちになるという願いを実現するには、生まれや育ちは関係するのでしょうか。確かに、生まれた時から親がお金持ちで経済的に高いレベルの暮らしをしている人は、そのまま大人になっても裕福な生活をしていることが多いですよね。

それは、親の仕事や財産などを受け継ぐ権利があるからです。よほど破滅的な生活をしたり、事業に失敗しない限りは、豪華な生活レベルを維持することもできます。お金持ちの家に生まれている時点で、スタート地点から有利になっている点は否めません。経済レベルが高い家は、教育レベルも高い水準を実現しようとする傾向があるので、子供の進路においても可能性が開かれています。

それでは、生まれつき貧しい家庭に育った人は、お金持ちになれないのでしょうか。そんなことはありません。歴史的に見ても、億万長者になった人は自分の身一つで道を切り開いて地位を築き上げていった人が多くいます。

[ad#ad-1]

彼らはどんな困難にぶつかっても、決してあきらめずに状況を打開していきました。財産を築き上げていくためには事業を成功させることが必須です。この時に必要なスキルを伸ばしたり、コネクションを築いていけるかは自分次第なのです。

つまり、生まれはスタート地点においては有利な面が大きいですが、親がコネクションや財産を持っていない人でも、自分次第でいくらでも挽回はできます。大事なのは環境のせいにしないで前向きに取り組むことなのです。”