育ちが悪かったり、家庭が貧乏でも有名人になった人はたくさんいます。特にお笑いタレントなどは、貧乏な子供時代をネタにして笑いを取ったり、本を書いてお金を稼いでします。また家庭が貧乏でも子供にしっかりとした教育ができていると、奨学金や新聞配達の支援を得ながら大学に通うことができるので、育ちが悪いから金持ちになれないということにはなりません。

育ちが悪く家庭も貧乏でも成り上がった有名人としては、北野武がいますが、北野家は父親がほとんど仕事をせずに家計は火の車でしたが、全ての子供達が大学を卒業して、博士や教授になっています。北野武(ビートたけし)に関しても明治大学を中退してしまいましたが、映画監督としての功績が認められて、大学を卒業しています。

[ad#ad-1]

育ちや家庭環境がその後の貧しさの一因になることはありますが、努力次第ではお金持ちになることができるので、目標を明確にして、勉強を継続することが重要です。

そもそも明治時代の人たちは、ほとんどの人が貧しさの中で生きてきましたが、貧しさに負けずに努力を続けたことで、現在の日本の発展の礎を築きました。

今の日本では貧困率の高さが問題になっていますが、義務教育で教科書が無料で提供されているので、それを暗唱するなどの努力をすれば必ず将来ビジネスを成功させることができます。

子供の時代に貧乏だからと言って努力を惜しんだ子どもたちは成人しても努力をする方法がわからないので、人生のほとんどを貧乏なまま生きていくことになります。

[ad#ad-1]

また学歴に関しては、インターネットで仕事をする場合には、全く関係なく、技術さえあれば仕事がもらえるのが現実です。プログラミングの知識などは、すべてインターネット上にあるので、努力次第ではお金持ちになることができます。

自分の周りにたくさんの道具があるにもかかわらず、それを利用しなければお金持ちになることはできません。
勉強や仕事、社会生活を怠る気持ちが少しでもあると、ギャンブルなどに一生懸命になり、お金持ちになるチャンスをなくしてしまいます。”