金持ちになるためには一体何が必要かと問われた場合、みなさんなら何と答えるでしょうか。具体的に色々なことを話す人もいるでしょうが、才能や努力が必要といったシンプルな答え方をする人もいるのではないでしょうか。

芸能人にしろ、スポーツ選手にしろ、金持ちになった人というのは、何らかの才能がある人でしょうから、間違ってはいないでしょう。
しかし、才能という言い方をしてしまうと、自分にはそんな物はないと思ってしまいがちです。ですから、違う言葉に言いかえた方が行動に移しやすいこともあります。

[ad#ad-1]

例えば、アイデアが必要といった言い方をすれば、スケールの大きさはあまり感じないものです。自分の得意分野で、何か良いアイデアがないかを考えてみることで、金持ちへの道がひらけるかもしれません。

もし得意分野などないという人は、自分がどういった生活をしているかを考えて、それに合った動き方をしていくのです。主婦であれば、家事をする時に使える便利グッズを考えてみるといった具合です。

家事をする時には、何らかの道具を使っているものです。その道具というのは、考えた人がいるわけで、物によっては全国の主婦たちが使っていることでしょう。そういった、爆発的な需要を生むアイテムを発明できれば、金持ちへ一歩近づけることでしょう。

いきなり発明するというのは難しいですから、まずはどういった物があったら家事が楽になるかということを考えてみるのです。自分が困っていることを考えて、その解決法も考えてみるのです。こんな物があったらいいなと架空の物で良いので、イメージすることができたら、それが発明への第一歩となります。

[ad#ad-1]

料理をする時に便利な物や収納する時にあると便利な物など家事と一口に言ってもたくさんありますから、着眼点は色々なところに持っていけると言えます。

なお、実際に過去にどういった発明品があったかを改めてチェックしてみることも大切です。新しい物を発明しても使ってもらえなければ意味がありませんから、実用性について過去の例に倣って方向を定めることも大切です。”