19

金持ちになるためには、働かないでも自分のことろにお金が入ってくる仕組みを作ることが鍵になります。いわゆる不労所得というやつです。不労所得がバンバン入ってくる仕組みを作ることができたら、お金持ちになれます。

[ad#ad-1]

例えば、賃貸アパートなどをたくさん所持していれば、働かなくても家賃収入がガバガバ入ってきてお金持ちになることができます。しかし賃貸アパートを保有するには、それなりに財産がないと無理ですから、誰でもできるというわけではありません。では、不労所得を得る仕組みを作るのは、貧乏人には不可能なのかというと、そうではありません。

貧乏人でも不労所得を獲得できるルートを切り開いていく方法はあります。例えば、ホームページを作ってアフィリエイトをやるという方法があります。ホームページを作成するのは手間ヒマがかかることなので、純粋に不労所得とは言いがたいのですが、サイト運営が軌道に乗ってくれば、あまりサイト更新に力を注がなくても人がたくさん来て広告収入が継続的に得られ不労所得化してきます。アフィリエイトは最初は大変ですが、儲かるようになってくれば段々楽になってくる方法なので、それまで忍耐してコツコツと継続することが重要です。そして、儲けたお金を遊興に使ってはいけません。そのお金で株を買いましょう。

株を買っておけば銀行預金よりも利回りがいいですし、値上がりすれば資産も増えます。また株を保有していると、株主優待を受けられるメリットというのもあります。

[ad#ad-1]

株主優待というのは、株主に対して株の発行企業が色々な特典をくれるというものです。その会社の商品サービスを無料または格安で提供してくれたりするので、とてもオトクです。この株主優待特典も利回りと考えることができ、これを考慮すれば銀行預金の利息なんかは軽く超えます。このような感じで、どんどん不労所得が自分のところに入ってくる仕組みを作っていけば、いつかサラリーマンを脱して不労所得のみで生活していけるようになり、金持ちへの扉が開かれていきます。