77

自分のモチベーションをしっかりとマネジメントできて、初めて一流の仕事ができると言われています。

モチベーションというのは何かの目標に向かって行動を立ち上げる力です。

この行動を立ち上げるためには、本人の「それをしたい!」という気持ちを満たす「誘因」を外部から与えるか、その人の内にある、「それをしたい!」という気持ちを動かす「動因」の2つが必要であると言われています。

[ad#ad-1]

この2つが一致しないと自分のモチベーションを喚起することはできず、何らかの目標を達成しようとする行動に結びつかないのです。外的な誘因とは何でしょうか?これは一般的に金銭的報酬であると言われています。

[ad#ad-1]

例えば、何らかの目的を達成した場合には、金銭的報酬として100万円もらえるという誘因があれば、何らかの目標に向かう行動が立ち上がります。しかし、金銭的報酬だけで人は動きません。たとえ、金銭的報酬がもらえるとわかっていても、「それが欲しい」と思わなければ、何らかの目標に向かって行動することはないのです。

では、仕事ができる人は自分の気持ちをどのようにマネジメントしているのでしょうか?モチベーションをマネジメントするメリットは何でしょうか?そのメリットは、何らかの目標を達成するために自分の気持ちをコントロールすることができるようになるということです。

自分の気持ちをマネジメントすることができるようになれば、気持ちに左右されることなく、目標を達成することができるようになります。だからこそ、自分の気持ちをコントロールできるようになることで、一流の仕事ができるようになるというメリットを享受することができるようになります。

自分の行動を何らかの目標に向かって立ち上げるためには、何らかの報酬を与えるだけでなく、その結果が公正になったり、プロセスが公正になるようにすることが大切です。

誰が行っても結果が同じようになるような誘因が必要ですし、プロセスが公正になるような動因が必要です。

[ad#ad-1]

例えば、同じ仕事を行っても1000円もらえる人と、10000万円もらえる人がいては目標に向かって行動を立ち上げる力が削がれてしまいます。

また、同じような仕事を行うのに、万全の環境が整っている人と環境が整っていない人では、行動を立ち上げる力が異なっています。

このようにモチベーションを高めるためには公平性が重要なのです。