70

仕事ができる人には共通する特徴があり、成果を上げる活動を支えています。仕事の上手い同僚を見て、どうして何でも上手く行くのかを疑問に思う方も居るでしょう。

自分も仕事のできる人間に成りたいと考えている方向けに、仕事ができる人が大事にしている3つの本質的な要素を紹介していきます。

1つ目は、考える行動です。思考は誰でも行うものですが、意外に論理的な思考を行うのは難しいものです。考えていると思っても、どこかで希望や憶測が混じって、本質的な結論に辿り着けない事もあるでしょう。そこで重要なのが、自分で考える癖をつける事です。

[ad#ad-1]

他人が注目しなかった鋭い視点を持てても、その時に抱いた疑問を解き明かすには思考が必要になります。新しい発見を自分の物にして改善や成果に繋げるには、思考が必要不可欠です。

逆に、他人の考えを集めて比較検証するだけでは、自分が抱いた疑問の答えを出すのは難しいでしょう。考えるのを止めると何となくで物事を進めてしまい、失敗の要素になります。

2つ目は、積極的な行動です。特に、自発的に動くのが重要になります。優れたアイデアを持っていても、人の需要がわかっていても、実現しなければ1つの案に過ぎません。

また、実現が遅れると人の需要も期待感も薄れていて成果に繋がりにくくなります。ただし、行動には責任やリスクが付きものですから、リスクヘッジのやり方も知っておかなければいけません。失敗は成功の母と言いますが、失敗を次に活かせる状況が作れなければ意味が無いからです。

3つ目は、息抜きのやり方を知っている事です。

仕事ができる人は働き続けていると思われがちですが、働き続ける人ほど上手く息抜きをする方法を知っています。仕事への集中力は仕事ができる人の本質的な要素の1つですが、休憩時にリラックスして気持ちを切り替えるのも仕事の質を上げる大事な要素の1つです。

[ad#ad-1]

リラックスした状態を続けて頭を落ち着かせると、人間の思考は創造的な方向で考えられる状態になります。

気持ちの切り替えの習慣を付けるとアイデアが生まれやすくなり、改良や改善の土台になってくれるでしょう。ちょっとしたコツとして、いつでもメモが取れるようにしておくのも有効です。アイデアは息抜きした時に突然浮かぶ事も多いので、浮かんだアイデアを忘れたり内容が改変されたりしない内に残しておかなければいけません。