97

仕事ができる人は、ただ能力値が高く、行動力があるわけではありません。能力は経験を積み上げ、それと同時並行で勉強すればレベルが上がっていきます。行動力は、普段から意識して即決するようにする、考える前に体を動かすようにするなどで磨き上げることが可能です。しかし、仕事においてそれらだけが重要なのではなく、ルーティンワークも重要になります。ルーティンワークによって仕事の質が向上し、マネーの流れに乗ることが可能になります。

[ad#ad-1]

ルーティンワークとは、毎日決まった行動をすることであり、それが仕事にチェックすることです。有名な人のルーティンワークの例を出すと、メジャーリーガーで活躍しているイチロー選手のバッターボックスに入った瞬間が良い例となるでしょう。

必ず同じ動作をし、その上でバットを構えます。これの動作によって集中力を高めることができ、最高の打席成績を残してきました。仕事でも全く同じです。常に仕事する上で最高の集中力を発揮するために取り入れ、質の高い結果を残すようにすると良いでしょう。

仕事だけではなく、日常生活でも取り入れることで、常時、最高の状態をキープすることができ、あらゆる面でその効果を発揮することとなります。たとえ、ランチの時間であったとしても、毎回決まった動作を取り入れることができれば、その人のパフォーマンスは向上します。仕事だけではなく、ランチといった仕事外で取り入れることができれば、高い報酬を得ることとなるでしょう。

ランチタイムであれば、仕事の休憩でもありますが、ルーティンワークを取り入れることで休憩の質を上げることにもなります。気持ちを落ち着かせ、リセットされた状態で休憩することができます。

[ad#ad-1]

このように、場所やタイミングに関係なく動作を取り入れることが、仕事ができる人の特徴であり、こだわるべきポイントでもあります。何一つ無駄がないことを意識するキッカケにもなるので、今の自分を変えるには手っ取り早い方法です。