84

仕事が出来るかどうかは熱意に比例するといえます。仕事が出来る出来ないで悩む人もいますが、今は仕事が出来る出来ないは能力によることになります。ネットの普及によって知りたい情報はいくらでも入手をすることが出来る時代となっているわけですから、後はその情報をどういかすのかということの問題になります。出来ることが分かっているわけですから、後は熱意の問題となるわけです。

[ad#ad-1]

技術が必要なのであれば、練習をして技術を習得すればいいわけですし、知識が必要になれば知識を身につければいいわけです。資格が必要なのであれば資格の勉強をしていけばいいだけです。つまり、能力ではなく熱意がこれらを可能にしていくわけですから、最も大切なものは熱意ということになるのです。熱意はすなわちモチベーションにつながりますから、このモチベーションをいかに保つのかが仕事が出来る人になるかどうかの問題点ということになるでしょう。モチベーションに比例して仕事はどんどんと出来るようになります。仕事が出来る人にはどんどんと仕事が集まってくるようになりますので、出来る仕事もこれに比例して多くなっていくことになります。

格言にも仕事は忙しい人に頼めというものがあります。この格言は忙しい人ほど多くの仕事をこなしているので、信用するに足りるということを意味しているものでもあります。逆に暇な人ほど信用がなく仕事が雑になる傾向があるので、暇な人に頼んでもあまりいい結果は得られないということを意味しているものでもあります。

[ad#ad-1]

仕事は出来る人に集まる傾向にあるということがこの格言からもわかります。忙しい人ほど頑張っているともいえるかもしれません。そのためには、モチベーションを高く維持することも大切です。そうしないと忙しさに耐えられなくなるからです。人は感情の生き物でもあり、モチベーションが高い状態で仕事をしていると、耐えられることがモチベーションが低いと耐えられなくなることもあります。