95

今でいう仕事が出来る人は印象が違うということがあります。特に分析力に長けているというのが今の特徴かもしれません。分析が出来るということは、現状を把握するのも早いですし次の手を考えることも出来るからでしょう。

そして、それが印象となって体の外に出てくることもよくあることです。特に現代は実力社会となっていますから、実力がある人はその実力を隠さないようになっています。その結果当然印象となって現れることになります。出来る人は周囲とはかなり違って見えるのが現代の特徴といってもいいかもしれません。その違いが出てきているのは分析力の違いということになるのかもしれません。

[ad#ad-1]

分析が出来ると企画も当然出来るようになります。データを明示して企画をすることが出来るので説得力も付いてきます。そして、こうしたことが何度も重なると、信用となります。信用あるには仕事が集まるようになるのが今のシステムです。

情報が広範囲にあっというまに広がるのが現代社会ですから、いい情報も悪い情報も瞬時に拡散していきます。仕事が出来るという情報ももちろん拡散していきますから、これが仕事を呼び込むことにもなるのです。

情報化社会、ネット社会というのは、一人勝ちの世界になりやすいということがいえるのかもしれません。誰もが、選択肢が多くある中でよりいい情報を入手していい選択をしようとするので、同じ情報を入手して同じ行動をとりやすいということになります。

[ad#ad-1]

結果仕事が出来る人のところには、仕事が集中するということになっていきます。少しでもいい情報があれば、それがどんどんと好循環をうんでいくことが起きやすいのが情報化社会です。ですから、印象がいいということも仕事が出来る要素の一つとして大切です。

印象がよくないと、それが信用を落とす要因ともなる場合もあり、一つのマイナスが連鎖的に多くのマイナスを引き連れてくることになることもよくあるのです。ネット社会は両極端な社会といえるでしょう。