65

会社などで仕事をする場合は効率を求められています。仕事には様々な種類があり部門によってその内容や役割も変わってきます。例えば事務部門であれば電話の応対や伝票を処理することがあります。

事務用品を注文する、伝票を入力する、給与を計算するなどの仕事があります。

仕事を処理する場合は必ずインプットとアウトプットがあり、その過程には必ずプロセスがあります。

[ad#ad-1]

仕事の処理方法ということにはなりますがそこに効率や品質を求められることになります。

インプットの中に情報や物がありますがそれをまず判断をしなければなりません。

これは業務フローとも言いますが何をどのように処理するのかわかるようにしたものです。最終的にアウトプットとしてはどのようになれば完了なのかわかるようにするという事が必要です。

ただここでいくらでも時間をかけていいというものではありません。

いつ仕上げるのか優先順位や期日があり、基本的にはやく仕上げなければ間に合わないことになります。しかしはやく処理をすることだけを考えてしまうとミスが発生したりトラブルが起こってしまいます。

そうならないために守るべき品質というものがあるのです。

これら効率や品質は会社にとっての付加価値となります。はやく良いものを仕上げられるようになると会社としての付加価値が上がることになるのです。

[ad#ad-1]

ではそのために何が必要か考えてみると、人の能力や技能が必要です。これには教育も必要となります。一人ひとりの能力や技能が高くなれば効率は良くなるかもしれません。

しかしもう一つ必要なのは連携ということです。人同士や部門間の連携が悪ければ仕事を早く仕上げることも難しくなるのです。

会社の組織の考え方として色々な方法がありますが、仕事の仲間をチームとして活動してチームの連携を良くする事が大切です。1人の一歩より10人の一歩という考え方があります。仲間で仕事をする事で困難を乗り切ることもでき、仕事の効率は良くなるのです。