96

今の出来る人は多くの人と交流し、独自のワークスタイルを持っています。特にネット社会となった今は個人でも多くの情報を入手して、発信することが出来るようになっているので、この情報をいかに入手して活用していくのかということが問われるようになっているからです。つまり、多くの人と交流をして多くの情報を入手して、それをうまく活用できる人が仕事が出来るようになり、お金持ちにもなっていくようになっているわけです。

[ad#ad-1]

そうした人は多くの情報を入手していきますから、独自のワークスタイルを確立していきます。これまでの枠にはまっていてはなかなかビジネスを成長させることは出来ません。何故なら枠にはまると、出来ることが狭くなってしまうからです。

専門的にその仕事を突き詰めるという意味では、そうしたことも考えられますが、これだけ高度に情報が入り乱れる社会となると、いかに早く情報を入手してそれに対応するのかということが最も問われることになるともいえます。大きく時代が変化をしているわけですから、これに対応することが求められるようになるわけです。

個人で出来ることには限りがありますから、これを突き詰めるよりは、情報を入手してそれを活用することの方が効率は良くなっていくわけです。三人寄れば文殊の知恵という言葉もある通り、多くの人が多くの情報を出し合うと、その情報には大きな意味があるようになるということです。

仕事が出来る人は多くの人と交流を持つので、自分のすべきことをリストなどにして優先順位を付けたりもしています。これは、それだけワークスタイルが多様化していることの現れでもあります。昔は日記をつけるようなことが仕事の一つでもありました。

[ad#ad-1]

今でも日記は備忘録として意味のあるものではありますが、多くの人と交流し情報交換を頻繁にする人はスケジュール管理をして、常に効率というものを考えて行動をするようにもなってきています。つまり、時間をいかに有効的に使うのかが大切になっているのです。