76

現代では客観的に物事を見て実行する人が結果を出すようになっています。

当然こうした人が仕事が出来る人ということになっています。今は何かにつけてデータが物を言う時代です。データは単に数字の集まりで確率論というだけのことではありません。

[ad#ad-1]

説得力があるという点で大きな意味を持つことになります。

数字は客観的な事実ということになりますから、これが大きな意味を持つことになり、これが説得力を持つことになるわけです。

人は誰しも失敗をしたくはありませんから、出来るだけ確率が高く、信用が出来ることをしようとします。それが自分の生活がかかったビジネスであれば当然のことです。

となれば、何かをするにしても客観的な事実を基にしたものを実行するようになるのは当然の流れということになります。

最近のビジネスは一人でするようなことはほとんどなく、多くの人とするようになるわけですから、何を信用するのかというと客観的な事実を信用して、そこから何を実行するのかを考えていくことになります。結果出来る人はしっかりとこうした人の心理の働きを利用して動いているということになるのです。

[ad#ad-1]

客観的なデータは仕事の価値というものをハッキリとさせることにも役立ちます。

仕事はいくらでもあるわけですから、その中が何をするのかというと価値を考えてすることになるのは当然の流れです。

ビッグデータなどのデータを活用すればそうした価値を考えていくことも容易になります。

デジタルデータに意義は多くのデータを数値化したり、グラフ化したりして誰でも容易にわかる状態にして表示することが出来るところにあります。

[ad#ad-1]

この仕事によってどれぐらいの売り上げが予測出来て、どれぐらいの効果を期待することが出来るということを数字で見せられるとこれの説得力がいかに大きなものとなるのかということは容易に想像が出来るでしょう。

ですから、データというのはとても多くの人を動かすことが出来る力を持つものとなりうるわけです。