53

日本の国は良しも悪いも、事なかれ主義が広がっています。

トラブルが起きていない状態こそ最高の状態と考える日本人はとても多いです。

また問題提起が出来る人材を煙たがる風土もあります。

組織内に改善すべき問題があった場合、有能な人材はそれを指摘、会議で解決策を提案します。

[ad#ad-1]

これが欧米諸国では素晴らしい提案だと評価されますが、日本のでは「面倒な事をしてくれた」や「そんな理想より明日の売上げアップをどうにかしたまえ」といった上司からの指摘で、有能な社員の問題提起は会議の段階で無かった事にされてしまう事もしばしばです。

しかし、欧米諸国のように実は現場の有能な社員が気づいた提案を大切に評価する事が、実はビジネスの世界では非常に大事です。

何も組織内で、問題が起きていない状態こそ実はある意味で最も危険な状態とも言えます。

それこそ現場レベルで問題が実は起きているにも関わらず、会議に上がる前に、隠蔽されている可能性大です。

出来る社会人程、組織内の旧態依然とした体質や非効率に思える慣例には敏感です。

[ad#ad-1]

ただ、単に職場の改善点を批判するだけなら、誰にでも出来ます。

現状に不満を述べ、感情的にネガティブな点だけを並べる批判だけなら有能ではない人材でも可能であり、仕事が出来る有能な人材は避けるべき行為です。

仕事が出来るビジネスパーソンは単に批判するのではなく、必ず論理的に原因箇所を鮮やかに特定し、それを踏まえた上で明確な対案を提示します。

この対案が示せるか、示さないか、この1点で、単なる不満不平を訴える人物か、組織改革に尽力する人材か、周囲の評価ががらりと変わります。

日本ではどうしても前者が目立つため、組織内部でネガティブな提案をする事に、抵抗を覚える方々が多いです。

しかし、本来批判精神は大事なものであり、欧米諸国のビジネスシーンではかなり大切にされています。

大事な点は兎にも角にも、批判する事項に対して明確な対案を、それも現実的に達成出来る代替案を提示する事に尽きます。