83

仕事ができる人は、睡眠時間を全くとらなくても平気な人だと思う人が結構多いですよね。確かに仕事の状況によっては徹夜をしなくてはいけない状況に陥る時もあるでしょう。しかし、睡眠不足だと頭が活発に働かなくなってしまうので、発想力の低下を招いてしまいます。仕事ができる人は、頭の回転が速く、優れたアイディアを思いつく発想力に秀でていますよね。

[ad#ad-1]

しかし、睡眠不足だと頭がぼんやりしたり、イライラして集中力が出ません。このような状態ではいい仕事はできないでしょう。眠っている間に脳や体を休息させることが出来なくなるので、翌日にも疲れを持ち越しやすくなってしまいます。仕事に支障が出ますし、周りに迷惑が掛かってしまうかもしれませんよね。優秀な社会人は、疲労を回復させて脳をフルに働かせるために眠る時間はきっちり確保しています。それでは、一対何時間くらい眠った方がいいのでしょうか。

一般的に一日八時間は眠った方が健康的に過ごせると言われていますよね。しかし、残業で忙しい場合などはそんなに眠るための時間を確保できないことも多いはずです。社会人を対象に睡眠時間と仕事のパフォーマンスとの関連を調査したアンケートでは、平均で六時間近く眠っている人は仕事に満足することが多いと回答しています。八時間は無理な場合でも、六時間ならなんとかなりそうですよね。

[ad#ad-1]

どうしても時間が足りない場合は、量より質を重視した睡眠を取りましょう。浅い眠りを長時間取るよりも深い眠りを短時間取る方がいい結果をもたらすことも多いからです。深い眠りを取るためには、寝る一時間前にはスマートフォンやパソコンのブルーライトを浴びないようにしたり、飲酒をなるべく控えるようにすると効果的です。快眠サプリを飲むのもいいですね。昼間に15分程度の仮眠を取るパワーナップも発想力の維持と向上に役立ちます。短時間なので休憩時間に行えますし、周囲を気にせずパワーナップができるカフェなども誕生しています。