72

納期厳守は仕事を行う上での基本と言えることです。もちろん、一人で行う作業であれば自分だけが頑張れば済みますがグループや他社との作業であれば全体の動きを把握して、納期を確認していかなければなりません。

それから行動力はいろいろな場面で要求されます。新入社員であれば先輩から指示されたことだけをやっていればいいのですが、責任ある立場になってくるとそれだけではだめです。

納期を守るために、関連した職場や外注先に適切な指示を行うことが求められるのです。

[ad#ad-1]

それが行動力となります。自分で判断してすぐに行動すべきと思ったら自ら動かなければなりません。

もちろん、状況によっては自分の上司に判断を仰ぐ必要もあるでしょう。

ただ、上司に具申することで状況を変えることができます。社会人として責任ある行動を取るとはどのようなことでしょうか。仕事は楽しいことばかりではありません。

困った時、苦しい立場に置かれた時にどのような行動力を発揮するかで真価が問われるのです。

納期を守ることはお客様に対しては当然のことですが、それが避けられなくなった場合には適切な対応を行わなければなりません。それも素早い行動力が求められます。

取引相手との関係を良好に保っていくためにはその対応が重要なポイントとなるのです。社会人になりたての時は一人で何でもやろうとする傾向がありますが、すべての仕事は多くの人の共同作業です。

自分が責任を取ったところで誰も喜びません。

そのような行為は行動力とは言いません。いい方向に向かって動き出すことが必要でしょう。

[ad#ad-1]

自分が会社の中でどのような立場にいるのかをもう一度考えてみてください。

その中で何を求められているのでしょうか。現代の多くの若者が上からの指示待ちの傾向が強いと言われています。

それではいつまで経っても重要な仕事を任せられることはないでしょう。自分の責任と言うものを考えることがないからです。会社を辞めると言ったことは何の効果もありません。