74

自己投資ができる人は、給料が高い傾向があります。昔は正社員としてとある企業に就職をしたら、一生その会社で定年まで働くということがあたりまえの時代でした。

しかし、現在では正社員になったからといって安心できる時代ではありませんし、キャリアアップのために転職をすることもあたりまえになっています。

若い頃に自己投資をしているかどうかで給料に大きな差ができることには多くの人が納得できるような理由があります。学生時代に一度でも部活動などで仲間とともに自分を高めあったことがある人ならば、努力をしている人としていない人で大きな差がつくということに納得ができるでしょう。

[ad#ad-1]

社会人になってからも、仲間とともに自分を高めあうということは重要になりますが、学生時代に比べると、より孤独になるかもしれません。なぜなら、職場の同僚は仲間であると同時にライバルでもあるので、そう簡単には協力関係を築けません。

具体的に給料という、わかりやすい数字で差ができてしまうので、同じ会社で働いているから無条件で協力できるというわけでもありません。

社会人になってから重要になるのが、自己投資です。自己投資の方法は人によってさまざまです。セミナーに参加をして勉強をしたり、人脈を築いたりすることが、人生に大きな影響を及ぼすこともあります。

あるいは、パーティーやコミュニティなどに参加をして、共通の趣味を持つ友人を作っておくということも、仕事に影響することがあります。人生を楽しんでいる人はそれだけでも魅力的であり、魅力的な人にはどんどん人が集まってきます。

必ずしも資格の勉強をしたり、学校に通ったりすることだけが自己投資ではありません。

[ad#ad-1]

若い頃にいろいろなことを学んでおくと、副業収入が得られるようになることもあります。株式投資や不動産投資で副業収入を得ている人の場合、一般的なサラリーマンの給料に加えて、副業による収入がプラスされるので、年収が高いことには納得ができます。