86

仕事ができる人になりたいと考えた時、まず資格の取得を目指す人は少なくありません。
それによって、知識が増え、活躍の場が広がる事になります。

ただ、重要になってくるのが、本当に必要なものかどうか、仕事に活かせるものかどうかを考えておく事です。
資格といってもその内容は様々です。
持っていれば、仕事に役に立つ資格もあれば、持っていても仕事には役に立たない資格もあります。

[ad#ad-1]

勿論、様々な仕事をしていく上で、勉強をした知識を活かす事ができる場や、機会に巡り合うという事は珍しくない為、資格取得を目指す事自体は悪い事ではありません。
ですが、資格によって、仕事ができる人になりたいと考えるのであれば、それを活かす事ができるかどうかを考えておく事が重要になってきます。

その為には、上司の反応等を確認しておく事が有効です。
持っている事で評価をしてくれる上司がいるかどうか、実際に資格を使って活躍をしている同僚がいて、その同僚の事を上司がしっかりと評価しているかどうか等の反応を確認しておくと良いでしょう。

持っている人がいない場合、相談をしてみて、反応を確認した上で、取得を目指すかどうかを決める事がおすすめです。
勿論、仕事とは関係なく、勉強をしたいと考えているのであれば、しておいて損はありません。
今の職場で役に立たないと感じるものであっても、この先、違う職場や人生で役に立つ可能性もあります。

[ad#ad-1]

ですから、勉強をして損になるという事はありませんが、今の職場で仕事ができる人になりたいと考えるのであれば、取得後の反応や効果まで考えておく事がおすすめです。
そして、ただ勉強をするのではなく、資格をしっかりと活かせる働き方をしていく事がおすすめです。

資格を持っていれば、それだけで仕事ができる人というイメージを持つ人は少なくありませんが、評価はその資格を活かせているかどうかによっても大きく変わってきます。
ですから、資格を取得するのであれば、活かせるかどうかを意識しておく事が大切です。