背表紙テンプレートはこちら

【Excel_VBA】指定した行・列のセルを選択するには(107)

  • URLをコピーしました!
[sc name=”ad_excel_vba_00″ ][/sc]
目次

1.解説

対象オブジェクトを省略したCells プロパティに、行番号と列番号を指定すると、ワークシート内の該当する位置にあるセルを表す Rangeオブジェクトを取得できます。

列番号は、左側から数えた数値か、「”A”」などの列見出しを表す文字列で指定できます。

ここでは、7行目×4列目に当たるD6セルを、Selectメソッドで選択します。

[sc name=”ad_excel_vba_01″ ][/sc]

2.サンプルコード

<サンプルコード>
---------------------—-—-
 Sub vba107()
     Cells(7, 4).Select
 End Sub
-------------------------
[sc name=”ad_excel_vba_02″ ][/sc]

3.実行例

[sc name=”ad_excel_vba_03″ ][/sc]

4.サンプルデータ【ダウンロード】

<(サンプルデータ)ダウンロード>
 データのダウンロードはこちらから(Excel_VBA_107.xlsm)
   ※ 「右クリック」→「名前を付けて保存」

[sc name=”ad_excel_vba_04″ ][/sc]

5.関連ページ

<関連ページ>
 Excel_VBA_000 目次一覧

[sc name=”ad_excel_vba_99″ ][/sc]
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
TOP
目次
閉じる