《簡単》Jwcad(129)レイヤーって何?<使い方>

レイヤーはCADデータを区別するためのシート(層)の役割をするものです。

CAD図面を作るときは、「基準線」「外形線」「寸法」など、データの種類に応じてレイヤーを使い分けます。

データを分けることで、効率的な作図や運用ができます。

例えば、変更を加えたくないデータはレイヤーをロックして編集不可にしたり、基準線のレイヤーを非表示にして、基準線を抜いて印刷することもできます。

Jw_cadには、 [0]から[F]まで16個のレイヤーグループがあり、それぞれのレイヤーグループに[0]から[F]まで16個のレイヤーが用意されています。

すべてのレイヤーを使って作図する必要はなく、通常は1つのレイヤーグループだけで、図面の内容に応じてレイヤーを使い分けるといいでしょう。

なお、Jw_cadでは、作図対象のレイヤーを「書き込みレイヤー」と呼びます。

[ad23]







← すごくわかりやすく体系的に整理されていてオススメです!!
■ オススメ書籍

《簡単》Jwcad<使い方>

   次へ(1)>> 

01

   <<戻る(0) 次へ(2)>> 

[ad23]

02

   <<戻る(1) 次へ(3)>> 

03

    <<戻る(2) 次へ(4)>> 

『関連記事』

 【関連】130 .書き込みレイヤーを切り替えるには
 【関連】131 .レイヤーの状態を切り替えるには
 【関連】000.目次

   <<戻る(3) <<戻る(0)

[adsense]